Posts Tagged ‘無添加住宅’

漆喰でリフォームを

タバコを吸う方、お部屋のクロスが黄ばんでいませんか?

これはどんなに換気をしても、においやヤニが付いてしまって、みなさん、気にするところだと思います。

住んでいる人はにおいに慣れて、臭いとは思わなくなりますが、外から来たお客さんは「この家、タバコを吸う人がいるな」とすぐにわかってしまうほど、タバコのにおいは残ります。

以前、北海道に住む友人の所に遊びにいた時の話ですが、友人はヘビースモーカーで札幌の賃貸会社から借りている部屋にもかかわらず、天井が真っ黄色だったこととその臭いに驚いた覚えがあります。

最近、禁煙ブームでどこへ行っても喫煙者は肩身の狭い思いをしています。

自宅でくらい、ゆっくりと座ってテレビを見ながらタバコを吸いたいと思うものですが、子供がいる人などは特に「ベランダで吸って」と外で喫煙することをお願いされたりします。

大分で注文住宅を建てた人で、新築を機にタバコをやめたという人も少なくありません。

止められたらいいのかもしれませんが、新築の家のなかでタバコを吸うという行為は相当に勇気がいるものかもしれません。

漆喰の壁には空気の清浄作用があり、汚れた空気を吸着、分解してきれいにしてくれます。

においもつくことがありません。

そして、この漆喰の壁、なぜかヤニもつかないんです。

大分で新築をするときに漆喰で仕上げることもありますが、この漆喰はリフォームでも対応できます。

黄色くなってしまったクロスの壁を真っ白い漆喰にリフォーム。

気分もいいし、においも取れる。

そして、漆喰の持つ調湿(湿度を調節する)作用が室内の湿度を保ってくれるので快適に過ごすことができます。

大分で不動産を仲介している不動産会社では大分の中古住宅などで売買後にリフォームも請け負った場合にも、漆喰を使ったリフォームを行って実績を伸ばしているようです。

リフォーム時に「クロスの貼り替え」ではなく、「漆喰塗り」を利用してみてはいかがですか?

珪藻土と漆喰の違い

健康住宅を友人が建てました。

健康住宅がブームですが無添加住宅のほかにも珪藻土や漆喰を使った家造りをしている会社はたくさんあります。

そしてこの漆喰、無添加住宅のものならば添加物のない100%漆喰ですが、一口に漆喰と言っても、なかなかよいものに出会うことはありません。

山形の住宅でも無添加の漆喰を使っているところがあります。

漆喰のブームに乗っていろいろな会社が漆喰を出していますが、混ざり物があったり、水分が多く、壁の厚みが薄かったりするので注意してください。

また、珪藻土との違いは致命的なものがあります。

漆喰の原料は石灰石です。

石灰には自分で固まる力があります。

水と混ぜて施工すると長い年月をかけて石灰石に戻ってしまいます。

なので接着剤は必要ありません。

しかし、珪藻土は自分で固まる力を持っていません。

だから、接着剤を混ぜてあげる必要があります。

そしてその接着剤に天然素材ののり(海草のりなど)を遣うことができればいいのですが、多くの会社では合成の接着剤を使用します。

それでは健康を考えた家作りにはならないのです。

珪藻土を使用する人はいいものを見つけたと思って、みなさん喜んで使うのでしょう。

ですが本当はあまり意味のないものだったと知ったら残念に思うでしょう。

珪藻土が悪いといっているわけではないのですが、実際問題として、知らずに使ってしまったら、もったいないというか・・・。

あとで知ったら大変でしょうね。

後悔しない為にもいいものを選びましょう。

無添加住宅の話

昔の家がなぜ長持ちするのか。

それは無垢の木と土や竹、麻縄など、すべて天然の素材で作られているからです。

私の住む大分には100年を超える古い木造住宅がたくさん残っています。

今の住宅の寿命は30年程度といわれていますから、昔の住宅の性能はとてもいいということです。

そういった住宅を造ると工務店の集客に役立つのではないでしょうか。

大地震にもあわず、空襲も逃れ、その家に住み続ける人がいるからこそ、長持ちしているのだと思います。

私の自宅の近くに、公開している築120年くらいの家がありますが、その家は何もせずにその期間、そこに住む人を守り続けていたのです。

今は空き家になっていますが、近所の自治会の人たちが、当番制で掃除をしています。

そうして風を通すことでまた、家を健康に保つことができるのでしょう。

それだけ立派な古い家ならば、手入れをする人も感慨深いでしょうね。

一度、その掃除を手伝いたいと思うのですが、なかなか日程が合わず、参加することができません。

きちんと手入れをすると、家も長持ちするということをこの目で確かめたいと思っているのですが・・・。

そして、その昔に返る家造りを考えているのが無添加住宅です。

大分にも「大分無添加住宅」があり、化学物質を一切使わない家を建てることができます。

熊本の住宅会社では健康住宅専門店もあります。

無垢の床、漆喰の壁、石の屋根・・・。

見た目も印象的ですが話を聞くともっと興味が出ます。

新築をするのなら、こだわってみてはいかがでしょうか?

新築を考えると、いろいろな住宅会社を見ることになると思いますが、是非、この無添加住宅のモデルハウスを探してみてください。

きっと参考になると思います。