Posts Tagged ‘浴室’

夜景の見える浴室

日本人は、まだまだ、照明をうまく使いこなせていない印象です。
照明の種類には、シーリングライト、ブランケットライト、ダウンライト、スポットライトなどがありますが、それらを組み合わせて、照明プランを作っていくわけです。しかし、バスルームは特殊な環境で、高温多湿になるだけでなく、そんなに長い時間を過ごすわけではないけれど、くつろぎを演出したい空間でもあります。しかし、限られた狭い空間ですから、なかなか照明を工夫するということができません。

私の友人が住まいを新築したのは、我が町の東部に広がる団地です。ここは、丘陵地を造成したので、眼下には、市街地や瀬戸内海も見下ろすことができ、とても良い眺めです。そこで、LDKの南側の開口部を大きく開け、バスルームの南側も窓にして、湯船につかりながら、夜景を見えるようにしたいと思いました。窓をどのようにしたらよいかばかりを考えて、照明については、あまり考えませんでした。

実際に生活を始めて、入浴すると、照明の光が明るすぎて、窓ガラスに反射し、うまく夜景を見ることができません。照明を消してしまうと、やはり転倒したりして、危ないです。今思えば、照明をバスルームの天井の中央の位置に設置するのでなく、水栓がついている壁の窓近くの高い位置に設置すれば良かったと思いました。窓の近くに照明を設置すると、窓ガラスに照明の光が反射しにくいです。

その上で、照明自体に調光機能がついているものを選べばよかったと思っています。照明の明るさを100%、40%、15%、1%に調節すれば、夜景も楽しむことができます。夜景だけでなく、深夜に入浴する時は、少し明るさを落とすことで、リラックスができ、疲れも取れますし、スムーズに入眠することができます。照明の役目は、十分な明るさを得るだけではなく、そのシーンに合わせた明るさというのが演出していくことも重要だと思いました。

浴室のリフォームついでに給湯器も見直そう

浴室には、お湯をわかす給湯機が必要です。もし、浴室と給湯機を同じぐらいお使いであれば、給湯機も悪くなっている可能性があります。

浴室のリフォームの機会に一緒に給湯器もリフォームすることをおすすめします。

給湯機の熱源には、電気、ガス、灯油の3種類があります。オール電化の家庭であれば、電気に。ガスをメインに使われている方はガスに。今までずっと灯油だったので灯油がいいという方は灯油に。家族の人数やお湯の使用頻度などの家族構成や生活スタイルはそれぞれで違います。

また、敷地条件などの設置スペースやコストなどさまざまな条件が考えられます。ショールームに来場された際に、家族構成や生活スタイルをお伝えしていただければ、ニーズに合った熱源や種類を紹介してくれます。

熱源の違いのほかに、給湯器自体も全自動タイプや自動タイプなどがあります。全自動の場合は、自動で足し湯までしてくれます。浴室側に水栓をつけない場合は、この全自動タイプや自動タイプを選択することになります。浴室リフォームに合わせて、給湯器も選択してください。

おすすめは、とあるメーカーさんで浴室をリフォームすることに決定した場合、おなじメーカーさんで給湯機を決めましょう。なぜかというと、もし浴室に何らかのトラブルがあった場合、購入されたメーカーのアフターサービスに電話をするかと思います。アフターサービスの依頼を受けた時に、どちらも同じメーカーのものが入っているとお風呂と給湯機を同時に見ることができるのです。それぞれのアフターサービスを依頼する手間がはぶけるのです。