Posts Tagged ‘住宅ローン減税’

リフォームと税金

新築した時に、どのくらいの税金を払ったか覚えてらっしゃいますか?

新築一戸建て、もしくは分譲マンションとなると金額のケタも大きくなりますので、それ相応の税金を納付していると思います。

主に、住宅を取得する際は、契約書を交わした時点で契約金額に応じた印紙税を納付し、そののち、引き渡しを受け所有者になれば、不動産取得税が発生しましたよね。そして、一番分かりやすいのが消費税です。しっかり見積もりに5パーセントの表示があったと思います。実際の材料だけでなく、人件費においても消費税は課税されているのです。

また、自己資金だけでなく費用の贈与があった場合も、別途贈与税が発生していたはずです。こう考えると、見えるもの以外に、全く見えないところで多額の税金を納めているなと、わたし自身今改めて痛感しています。

そして、この納税はリフォームについても同様にかかってくるのです。

そして、住宅ローンと税金を思い返して頭に浮かぶのが住宅ローン減税です。

住宅ローンを利用してリフォームをした場合もまた、同様に条件を満たしていれば控除が受けられます。控除についても住宅本体のときと同じく、年末のローン残高に応じて所得税が控除されるという制度になります。

そして、どんなリフォームをしたのかという内容によっては、更に手厚く控除が受けられる場合があるのです。これについてはまた後述したいと思います。

簡単にリフォームにかかる税金について紹介しますと、まずは印紙税です。請負工事契約の代金が500~1000万円なら1万円発生します。

次に不動産取得税は、主に増築などの大規模修繕の場合に発生します。これには1200万円の控除があります。

最後に贈与税。基礎控除を合わせて1110万円までは非課税です。

課税基準を見極めてリフォーム費用を考えてみると、上手なリフォーム費用の返済ができるかもしれません。