Posts Tagged ‘キッチン’

キッチンで家事のしやすさが変わる!

女性にとってキッチンは非常に重要な空間です。キッチンは家事の中心的空間がゆえに、キッチンの広さやキッチンの配置、キッチンのスタイルによって家事のしやすさや効率が大きく変わってくるのです。以前は、壁付けのI型のキッチンが多く設けられていました。壁付けのキッチンはスペースに余裕がない場所でもスッキリとした印象に仕上げられますし、ダイニングスペースを広々と空間を有効的に利用できます。

しかし、キッチンで家事をしている時間は、壁に向かっているため孤独感や疎外感を感じやすいのです。キッチンで家事をしながらでも家族の様子が把握できたり、コミュニケーションがとれるキッチンスタイルが人気となっているのです。リビングに向き合う形で対面式のキッチンが非常に人気です。

あまり使い勝手のよくない吊り戸棚をなくし、リビングやダイニングとの境の間仕切りをできるだけ設けないようにすることでLDKの一体感が高められます。家族の繋がりをよりかんじられますし、コミュニケーションも取りやすくなるのです。高い位置に設けられた吊り戸棚は物の出し入れがしにくく、使い勝手があまり良くないと感じている人も多いと思います。思い切って吊り戸棚を取り除き、空間的な開放感を得てみてはいかがでしょうか。

このキッチンスタイルは家事がしやすいだけでなく、育児との両立もしやすいスタイルとも言えます。キッチンで家事をしながらも食事をする家族の様子に目が届きやすく、リビングで遊ぶ子ども達の様子も把握できます。壁付けキッチンと比較すると育児との両立もしやすさは大きく違います。キッチンのあり方を考え、自分にぴったりのキッチンを設けたいものです。

腰壁のあるキッチン

住宅のテイストが多様化するのと同じように、キッチンスタイルも多様化しています。従来のキッチンは壁付けタイプの多く、キッチンで家事をする母親の姿はいつも背中でした。しかし最近の主流のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。家事をしながら家族と顔を合わせてコミュニケーションを取ることができます。

また吊り戸棚がないことでLDKの一体感を高めることができ、スッキリと開放感のある空間にできるのです。しかしこのキッチンスタイルのデメリットは、キッチンが汚れている時の見栄えの悪さです。
キレイで片付いている時は見せるキッチンとしてスタイリッシュな印象を与えますが、調理中や、調理後のキッチンが片付いていない場合でも、キッチンやダイニングからその光景が丸見えとなってしまいます。片付け下手な人にとっては向かないキッチンスタイルとも言えます。

私は対面式のセミオープンキッチンにしました。キッチンの前に腰壁を設けることで、LDKの一体感を損なうことなく、しかし気になる手元をしっかり隠すことができるのです。調理中や調理後の片付いていない時に、急な来客者が来てもすぐに対応できるのも嬉しいですね。
またこの腰壁を設けることで、ニッチを設けることができました。キッチン側には調味料入れとしてのニッチを設けました。今までは作業スペースにいつも使用する調味料を並べていましたが、これでは作業スペースを有効的に使用できません。調味料入れのニッチがあればここに調味料をしまい、作業スペースを有効的に使用できるのです。腰壁があることで私には最高のキッチンとなりました。

こだわりたいキッチンの動線

主婦向けの雑誌ではここ数年【時短】と【片付け】が大ブームになっているそうです。断捨離(だんしゃり)や大人気の「ときめく」片付け術などなど、普段の暮らしに取り入れたいアイディアがたくさんあります。既存の住宅でこれらのアイディアを取り入れるのはもちろんですが、これから家づくりをするという方は是非、間取りや設備から工夫してみてはいかがでしょうか。

●時短&片付けられるキッチンづくりのポイント
家の中でもっとも片付かない場所、としてアンケートで毎回上位にあがるのが「キッチン」。そこで今回は時短と片付け、どちらも実現できるポイントをご紹介します。
まず一つ目は【調理動線を意識する事】です。調理動線、というとあまり聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うと料理をする一連の流れを間取りに組み込むということです。調理スペースはもちろんのことですが、冷蔵庫やゴミ箱、オーブンレンジなどの位置や調理器具の保管場所といった、「料理をする」という動作を考えながら設備や機能を配置してみましょう。

二つ目は【LDKまで考えた空間づくり】です。キッチンをこだわると、どうしても他の空間がおざなりになってしまいますが、キッチンの空間や「料理をする」という部分だけで終わらせずに「料理を運ぶ、食べる、片付ける」という食事の流れすべてを考えてみましょう。LDKまで考えた空間づくりのコツは、ダイニングテーブルとの兼ね合い、そしてカウンターキッチンなどキッチンの形状と空間の活用方法をしっかり考えておくことです。あなたも是非、時短&片付けられるキッチンづくりに挑戦してみてくださいね。

キッチンの収納

 主婦が1日のうち大半の時間居るキッチン。だからこそ使いやすさとお手入れのしやすさ、そして気に入るデザインが求められます。

ショールームなどへ行くと様々なデザインや色を使用したものがあり目移りするほどです。使いやすさの決め手となるといってもいいくらい重要性が高いのが収納ではないでしょうか。キッチンには鍋やフライパンや調理道具、また食材のストックなど様々なものを収納します。最近ではしまうものに合わせた収納機能を兼ね備えているものが多くなっています。菜ばしやお玉など長いものは立てて収納できるスペースを、また鍋やフライパンなどは柄の部分がつかみやすいように収納スペースが造られています。効率よく収納できることで前よりも物をまとめやすくなり、尚且つ量もたくさんなせます。

また以前の開き戸タイプから引き出し収納が増えてきています。開き戸タイプは物を重ねて収納するので取り出しにくく、奥にしまった物が出しにくいと悩む方も多かったことでしょう。引き出しタイプはそんな悩みを解決してくれ、一目でどこに何があるかが分かり、また取り出しやすいのです。加えブルモーションという技術が採用され、引き出しを強く閉めても最後にはゆっくり、バタンという音を立てることなく閉まるのです。うっかり指を挟むということもなくなり安全です。

そして私がテレビを見ていて驚き、またいいなと思った、動かせる吊り戸棚の収納です。物の出し入れがしづらい吊り戸棚は機能していないと言ってもいいくらい使用頻度が低かったと思いますが、最近のものは取りやすい高さまで吊り戸棚を上下に動かせるので、使用頻度が上がりより機能的に収納できるのです。手動式と他にスイッチで動く電動式とあります。素敵だなと関心しましたが、お値段が高かったのが気になります。収納という観点だけに着目しても従来の製品とは随分変わり、使う人の目線に合ったものが多いです。少しお金を費やしてもリフォームする価値がありそうです。キッチンをリフォームし、快適かつ効率よく生活できれば悩みも1つ解決しそうですね。

キッチンのリフォーム

奥様が一番きれいにリフォームしたいキッチンですが、今はどんなものを使っていますか?

最近はオール引き出しタイプや足元までモノが入るタイプ、ペットボトルが立てて収納できる引き出しに、包丁ストッカーがついたものもあります。

実際は展示場を見に行くのが一番早いのではないかと思いますが、展示場で豪華な品物を見てしまうと、後々ランクダウンができなくなって高くていいものを購入してしまうかもしれないから気をつけてくださいね。

もしも、知り合いにリフォーム屋さんがいたら、見積をしてもらいましょう。

知り合いにいなかったらタウンページやインターネットで探しましょう。

電話の対応がよかったところをピックアップして見積を取ります。

なぜ電話の対応かというと、顔の見えない相手に対して、気持ちのいい声で接客できる会社とそうでない会社では実際に工事を始めてからも差が出てくるからです。

あくまでも仮定の話ですが。

電話の対応がよければ気分がいいものです。

たくさんあるリフォーム会社の中から、いい会社(頼みたくなる会社)を選ぶひとつの目安になりはしないですか?

新聞折込によくあるリフォームのチラシ。

あの中には税込み**万円!とかかれてあります。

結構安い金額で、定価と比べると半額以下のものもあります。

でも、そこに取付工事費が別途かかります。

チラシには小さな字で「取付工事費別途」とかかれてある場合がほとんどです。

取付工事費、ちゃんと確認しましょう。