家事室

最近多く間取りに組み込まれるようになったのが家事室です。この家事室では様々な用途で用いられユーティリティルームとも言われています。
この家事室では洗濯物をして、室内用の洗濯物干し場を設け、アイロンがけや裁縫、また衣類を管理するクローゼットまで設けられていると家事の効率を高め、主婦が憧れる最高の家事室になるのです。

主婦がこの家事室に憧れるのは家事には休みがないからだと思います。
洗濯や炊事は毎日のことです。それらを効率よく行うことで、家事への負担が軽減され家事への時短へと繋がるのです。そして空いた時間で自分一人の時間を楽しめるようにしたり、家族と触れ合える時間を大切にしようと思うのです。
心のゆとりを持つためにもこの家事室はこれから益々積極的に取り入れられる空間であると考えます。洗濯をして、それを干して、乾いたらその場でたたんで、たたんだ洗濯物をその場でしまうことができれば家事の効率は非常に高まります。

一連の作業を移動することなく一つの空間で行うことができるのです。子ども達に邪魔されることなく家事をスムーズに行えるのです。
衣類によってはアイロンをかけたり、ほころびを直すのに裁縫をすることもあります。
カウンターを設けているだけで洗濯物をたたむ台としてだけでなく、アイロンがけや裁縫にも便利な台になるのです。
アイロンや裁縫道具、ハンガーなどその場で使用する物をしっかり収納しておけるスペースも確保しておきましょう。
カウンターの下の部分を活用したり、クローゼット部分の一部をそれらの物を置ける収納スペースとして活用するのもいいでしょう。
休みのない家事をいかに楽しく、効率よく行えるかが重要なのです。

Comments are closed.