ファミリークローゼット

私が家事の中で一番苦手だったのがたたんだ洗濯物をしまうという作業です。夫婦の衣類、子ども達の衣類、タオル、下着とそれぞれ別々のクローゼットで管理していたため、しまうという作業を行うだけで住宅内を行ったり、来たりと無駄な動きが多いからです。つい後回しにしがちでした。

この家事への不満を解消するために新居ではファミリークローゼットを設けました。タオル類をはじめ、家族みんなの下着や衣類をここ一か所で管理しています。子ども達の服、主人の服も全て私が管理しているだけに全てを一か所で管理できることで各段を家事への負担が軽減されています。

このファミリークローゼットは、生活の中心である一階の洗面室の横に設けました。洗面室は脱衣室としても利用しますし、外出先から帰宅すると部屋着に着替えることもあります。洗面室で身支度を行います。着替えまでスムーズに行えることでバタバタしがちな朝の身支度も楽になります。子ども達は服を汚す機会も多いだけに、スムーズに衣類を取り出し着替えが行えるだけで子育てのしやすさにも繋がっているのです。子ども達も成長してきて、自分の服を自分で取り出し、着ていた洗濯物を洗濯カゴへ入れるという習慣が自然と身に付きつつあります。

生活の中心である一階にこのファミリークローゼットを設けたことが良かったと思います。たたんだ洗濯物をしまうという作業が楽になり、家事への不満も解消されています。洗濯は毎日行う家事の一つですし、着替えも毎日行います。それだけにどこで衣類を管理するかはポイントなのです。生活の中心の一階にファミリークローゼットを設けてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.