キッチンで家事のしやすさが変わる!

女性にとってキッチンは非常に重要な空間です。キッチンは家事の中心的空間がゆえに、キッチンの広さやキッチンの配置、キッチンのスタイルによって家事のしやすさや効率が大きく変わってくるのです。以前は、壁付けのI型のキッチンが多く設けられていました。壁付けのキッチンはスペースに余裕がない場所でもスッキリとした印象に仕上げられますし、ダイニングスペースを広々と空間を有効的に利用できます。

しかし、キッチンで家事をしている時間は、壁に向かっているため孤独感や疎外感を感じやすいのです。キッチンで家事をしながらでも家族の様子が把握できたり、コミュニケーションがとれるキッチンスタイルが人気となっているのです。リビングに向き合う形で対面式のキッチンが非常に人気です。

あまり使い勝手のよくない吊り戸棚をなくし、リビングやダイニングとの境の間仕切りをできるだけ設けないようにすることでLDKの一体感が高められます。家族の繋がりをよりかんじられますし、コミュニケーションも取りやすくなるのです。高い位置に設けられた吊り戸棚は物の出し入れがしにくく、使い勝手があまり良くないと感じている人も多いと思います。思い切って吊り戸棚を取り除き、空間的な開放感を得てみてはいかがでしょうか。

このキッチンスタイルは家事がしやすいだけでなく、育児との両立もしやすいスタイルとも言えます。キッチンで家事をしながらも食事をする家族の様子に目が届きやすく、リビングで遊ぶ子ども達の様子も把握できます。壁付けキッチンと比較すると育児との両立もしやすさは大きく違います。キッチンのあり方を考え、自分にぴったりのキッチンを設けたいものです。

Comments are closed.