夫婦で意見が分かれたところ

家造りは決めなくてはいけないことがたくさんあります。それだけに夫婦で意見が分かれることも多々あります。我が家も実際に家造りを体験して、夫婦で意見が対立することがたくさんあり大変でした。しかし意見をぶつけ合い、いいアイデアを模索する中で完成した住宅は、達成感や充実感で満たされ、最高に住みやすい家になったとも思います。

我が家が家造りを行う中で夫婦で意見が分かれたところは、二階にトイレを設けるかどうかということです。以前住んでいた二階建ての賃貸住宅には二階にはトイレがありませんでした。私の実家にも二階にはトイレがありません。二階にトイレがある家で生活をしたことのない私にとって、二階にはトイレは必要ないと思っていました。子ども達も4歳と2歳で小さいので一階で過ごす時間が長く、二階にトイレを設けても使用する機会は非常に少ないのです。

二階にもトイレを設けるということはコストもお手入れも二倍になるということも忘れてはいけないのです。家計を守り、家事を行う私にとって必要性を感じない二階のトイレは設置しなくてもいいと思っていました。しかし主人は二階にトイレがあれば、高齢になった時も便利だし、宿泊者が気兼ねなくトイレを使用できるようにするには二階にもトイレは必要だ!と言い張るのです。

しばらく話し合いが続き、我々が出した結論は、必要性が高まった時に、二階にもトイレを設けるということにしました。必要性の少ない現在は、トイレスペースは収納スペースとして利用します。必要性を感じたらすぐに設置ができるように排水管工事までしっかり行っておきます。二階で過ごす時間も増え、必要性が高まればここにトイレを設置するのです。このようにしたことで、その時々で最適の暮らしを送れ、コストやお手入れの手間を省くことができ家に一番長くいる主婦に優しい家になったと思います。しっかりと話し合い最良の選択を行い、最高の住宅を完成させましょう。

Comments are closed.