Archive for 7月, 2018

家事のしやすい家

主婦にとって家事は365日休みがありません。それだけに毎日の家事が効率よく、そして円滑に行えるように家事のしやすい住まいを目指しましょう。そうすることで暮らしやすさが高まり、家事の時短が実現でき自分の時間を大切にすることができたり、家族や親子の時間を大切にすることができるのです。

家事のしやすい家にするにはまず、家事の中心となるキッチンからの動線に注目しましょう。キッチンからダイニング、キッチンから洗面室の動線は短く、スムーズに移動できるようにしておきます。

そこで我が家はキッチン向かって右側にダイニング、左側に洗面室を設けました。横一直線で繋ぐことで横移動で移動のしやすさが高まりますし、2、3歩で隣接する空間に行き来ができるため、食事の支度や片付けが効率よく進められますし、料理と洗濯など2種類の家事を同時に進行しやすくなり家事の効率化が図れるのです。洗面室・キッチン・ダイニングが横一直線で繋がっていることで家事動線が集約され、家事を行う上での無駄な動きが省けます。

そして、洗面室から洗濯物干し場への動線も非常に大事です。洗濯物を終えた洗濯物は水を含むため重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、この動線を短くしておくことで体に負担かかかりにくくなります。一番避けたいのが、一階の洗面室で洗濯を行い、二階のバルコニーで干すという動線です。動線が長くなるだけでなく間に階段を挟むので体に負担かかかってしまうのです。家事のしやすい家を目指し、家事を楽しみながら行えるようにしておきたいものです。