Archive for 11月, 2015

家族の繋がりを感じられる家

我が家の家造りのテーマは、家族の繋がりを感じられる家にするということでした。そこでまず取り入れたのが、最近人気となっているリビング階段です。家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行き来できないようにすることで、家族がリビングで顔を合わせる機会が自然と作りだせるのです。

子どもが小さい間は親と過ごす時間が当たり前のようになっていますが、成長するにつれ一人の時間やお友達との時間が増えてきます。このようになった時でも家族が顔を合わせて、自然とコミュニケーションが生まれやすい間取りにしておくことで家族関係の良好さが保て、家族の繋がりを大切にできるようになるのです。

またこのリビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータが出ているのです。家族関係の悪化は子どもの犯罪率にも繋がりやすくなるので、そういう意味でも家族関係の良好さというのは大事なのかもしれません。そしてリビングの一部を吹き抜けにしました。そして吹き抜けに面して二階にはファミリスペースを設けています。

セカンドリビングのような空間で家族が寝る前の時間と共に過ごしたり、子どもの遊ぶスペースや将来的にはスタディコーナーとして利用させようと思っています。吹き抜けに面して設けられているので、子ども達だけで遊んでいても吹き抜けを通して気配が感じられるので安心して遊ばせることができるのです。吹き抜けに向かって話しかければ一階と二階でそれぞれの空間に居ても会話がしやすくなるのです。家族の繋がりを感じられることで安心感も高まります。互いの存在をいつまでも大切に思い合える家族でいるためには、家造りも一つの大きなポイントとなってくるのです。