Archive for 10月, 2015

居心地のいいリビング

リビングは家族が共に長時間過ごす場所です。それだけにどの空間よりも広々と、そして居心地のいい空間を誰もが求めることと思います。最近の傾向としてLDKの一体感を高めるスタイルが主流です。ダイニングやリビングの間に壁や扉で間仕切ることなく、オープンに空間を利用することで、奥に視界が繋がりより広さや開放感を感じられるようになるのです。

LDKの一体感を高めるのと同時に気を付けておきたいのが、空間にしっかりメリハリを付けるということです。LDKの一体感を高めることばかりに注目し過ぎると間延びして空間にメリハリが生まれません。そこで我が家はリビングをダウンフロアにしました。壁や扉を設けると閉鎖的な印象になってしまうのですが、高低差を出すことで空間の一体感を高めながらもそれぞれの空間をゾーニングすることができるのです。

またリビング部分を吹き抜けにしました。リビングをダウンフロアにして吹き抜けにしたことでより広々と開放感のあるリビングにすることができたのです。ダウンフロアにすることでより落ち着けて居心地の良さが高まりました。またこのリビングに面してウッドデッキを設けました。室内のリビングの延長としてアウトドアリビングを楽しめる空間を設けたことで、自然を肌で感じられる居心地のいい空間を得ることができたのです。

リビングはどの空間よりも長く過ごします。まずはこの空間の快適性を一番に考え、家族の笑顔で溢れるリビングにしたいものです。そのためにはLDKの一体感を大事にすることと、それぞれの空間に緩やかにメリハリを付けるということがポイントなのです。