Archive for 8月, 2015

腰壁のあるキッチン

住宅のテイストが多様化するのと同じように、キッチンスタイルも多様化しています。従来のキッチンは壁付けタイプの多く、キッチンで家事をする母親の姿はいつも背中でした。しかし最近の主流のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。家事をしながら家族と顔を合わせてコミュニケーションを取ることができます。

また吊り戸棚がないことでLDKの一体感を高めることができ、スッキリと開放感のある空間にできるのです。しかしこのキッチンスタイルのデメリットは、キッチンが汚れている時の見栄えの悪さです。
キレイで片付いている時は見せるキッチンとしてスタイリッシュな印象を与えますが、調理中や、調理後のキッチンが片付いていない場合でも、キッチンやダイニングからその光景が丸見えとなってしまいます。片付け下手な人にとっては向かないキッチンスタイルとも言えます。

私は対面式のセミオープンキッチンにしました。キッチンの前に腰壁を設けることで、LDKの一体感を損なうことなく、しかし気になる手元をしっかり隠すことができるのです。調理中や調理後の片付いていない時に、急な来客者が来てもすぐに対応できるのも嬉しいですね。
またこの腰壁を設けることで、ニッチを設けることができました。キッチン側には調味料入れとしてのニッチを設けました。今までは作業スペースにいつも使用する調味料を並べていましたが、これでは作業スペースを有効的に使用できません。調味料入れのニッチがあればここに調味料をしまい、作業スペースを有効的に使用できるのです。腰壁があることで私には最高のキッチンとなりました。