Archive for 11月, 2010

漆喰でリフォームを

タバコを吸う方、お部屋のクロスが黄ばんでいませんか?

これはどんなに換気をしても、においやヤニが付いてしまって、みなさん、気にするところだと思います。

住んでいる人はにおいに慣れて、臭いとは思わなくなりますが、外から来たお客さんは「この家、タバコを吸う人がいるな」とすぐにわかってしまうほど、タバコのにおいは残ります。

以前、北海道に住む友人の所に遊びにいた時の話ですが、友人はヘビースモーカーで札幌の賃貸会社から借りている部屋にもかかわらず、天井が真っ黄色だったこととその臭いに驚いた覚えがあります。

最近、禁煙ブームでどこへ行っても喫煙者は肩身の狭い思いをしています。

自宅でくらい、ゆっくりと座ってテレビを見ながらタバコを吸いたいと思うものですが、子供がいる人などは特に「ベランダで吸って」と外で喫煙することをお願いされたりします。

大分で注文住宅を建てた人で、新築を機にタバコをやめたという人も少なくありません。

止められたらいいのかもしれませんが、新築の家のなかでタバコを吸うという行為は相当に勇気がいるものかもしれません。

漆喰の壁には空気の清浄作用があり、汚れた空気を吸着、分解してきれいにしてくれます。

においもつくことがありません。

そして、この漆喰の壁、なぜかヤニもつかないんです。

大分で新築をするときに漆喰で仕上げることもありますが、この漆喰はリフォームでも対応できます。

黄色くなってしまったクロスの壁を真っ白い漆喰にリフォーム。

気分もいいし、においも取れる。

そして、漆喰の持つ調湿(湿度を調節する)作用が室内の湿度を保ってくれるので快適に過ごすことができます。

大分で不動産を仲介している不動産会社では大分の中古住宅などで売買後にリフォームも請け負った場合にも、漆喰を使ったリフォームを行って実績を伸ばしているようです。

リフォーム時に「クロスの貼り替え」ではなく、「漆喰塗り」を利用してみてはいかがですか?