Archive for the ‘リフォーム’ Category

家事室

最近多く間取りに組み込まれるようになったのが家事室です。この家事室では様々な用途で用いられユーティリティルームとも言われています。
この家事室では洗濯物をして、室内用の洗濯物干し場を設け、アイロンがけや裁縫、また衣類を管理するクローゼットまで設けられていると家事の効率を高め、主婦が憧れる最高の家事室になるのです。

主婦がこの家事室に憧れるのは家事には休みがないからだと思います。
洗濯や炊事は毎日のことです。それらを効率よく行うことで、家事への負担が軽減され家事への時短へと繋がるのです。そして空いた時間で自分一人の時間を楽しめるようにしたり、家族と触れ合える時間を大切にしようと思うのです。
心のゆとりを持つためにもこの家事室はこれから益々積極的に取り入れられる空間であると考えます。洗濯をして、それを干して、乾いたらその場でたたんで、たたんだ洗濯物をその場でしまうことができれば家事の効率は非常に高まります。

一連の作業を移動することなく一つの空間で行うことができるのです。子ども達に邪魔されることなく家事をスムーズに行えるのです。
衣類によってはアイロンをかけたり、ほころびを直すのに裁縫をすることもあります。
カウンターを設けているだけで洗濯物をたたむ台としてだけでなく、アイロンがけや裁縫にも便利な台になるのです。
アイロンや裁縫道具、ハンガーなどその場で使用する物をしっかり収納しておけるスペースも確保しておきましょう。
カウンターの下の部分を活用したり、クローゼット部分の一部をそれらの物を置ける収納スペースとして活用するのもいいでしょう。
休みのない家事をいかに楽しく、効率よく行えるかが重要なのです。

玄関収納

最近玄関横にシューズクロークなど設け玄関収納をより充実させた家が増えてきました。この玄関収納にはただ靴や傘を収納するだけでなく外で使用する子どものおもちゃやベビーカー、三輪車なども収納できるようにしておくとより玄関収納が充実します。
私の主人の趣味はゴルフです。
大きくて重たいゴルフ用品の収納場所に以前から頭を悩ませていました。
また私の友人の旦那さんの趣味はサーフィンでサーフボードの収納場所に私の友人も頭を悩ませていました。

これらの趣味の道具もしっかり収納できる玄関収納を設けたいものです。
玄関収納を充実させることで靴を履くと同時に外出時に必要な物をサッと取り出せ出かけられるというのは便利です。
また子どもの外用のおもちゃやベビーカーなどついつい玄関ポーチの部分に置きっぱなしになっていたりするものです。
太陽の強い日差しや雨、風で物の劣化も進んでいきます。
また外に置いておくことで盗難の恐れもあります。
玄関収納にきちんと保管することで物の劣化を抑えることもできますし、盗難の恐れもなく安全に管理できるのもいいと思います。

他にはいつも着用する上着をサッと掛けておけるスペースがあるのも便利です。
外出時わざわざ二階のクローゼットに上着を取りに行く必要もなくなりますし、帰宅時も靴を脱ぐのと同じタイミングで上着を一時置きできれば、後はゆっくりリビングで休むことができます。

玄関収納を充実させることは外出時や帰宅時の不満を解消してくれることにも繋がるのです。玄関は住宅の顔です。スッキリときれいな空間を維持したいものです。

こだわりたいキッチンの動線

主婦向けの雑誌ではここ数年【時短】と【片付け】が大ブームになっているそうです。断捨離(だんしゃり)や大人気の「ときめく」片付け術などなど、普段の暮らしに取り入れたいアイディアがたくさんあります。既存の住宅でこれらのアイディアを取り入れるのはもちろんですが、これから家づくりをするという方は是非、間取りや設備から工夫してみてはいかがでしょうか。

●時短&片付けられるキッチンづくりのポイント
家の中でもっとも片付かない場所、としてアンケートで毎回上位にあがるのが「キッチン」。そこで今回は時短と片付け、どちらも実現できるポイントをご紹介します。
まず一つ目は【調理動線を意識する事】です。調理動線、というとあまり聞きなれないかもしれませんが、簡単に言うと料理をする一連の流れを間取りに組み込むということです。調理スペースはもちろんのことですが、冷蔵庫やゴミ箱、オーブンレンジなどの位置や調理器具の保管場所といった、「料理をする」という動作を考えながら設備や機能を配置してみましょう。

二つ目は【LDKまで考えた空間づくり】です。キッチンをこだわると、どうしても他の空間がおざなりになってしまいますが、キッチンの空間や「料理をする」という部分だけで終わらせずに「料理を運ぶ、食べる、片付ける」という食事の流れすべてを考えてみましょう。LDKまで考えた空間づくりのコツは、ダイニングテーブルとの兼ね合い、そしてカウンターキッチンなどキッチンの形状と空間の活用方法をしっかり考えておくことです。あなたも是非、時短&片付けられるキッチンづくりに挑戦してみてくださいね。

リフォームと新築

リフォームをいろいろしようとすると、結構な金額になってきます。

そうすると新築のほうがいいのかもと考え始めるかもしれません。

新築もひとつの方法です。

子供たちがいなくなって、夫婦二人の家になったとしたら平屋のほうが生活しやすいと思うし、今までのように部屋数もいらないかもしれません。

でも、新築になると解体工事費や仮住まいの費用も必要になります。

その辺も予算に入れて、考える必要があります。

新築の場合、何もかもが新しくなっていいかもしれませんが、リフォームもかなり気分はよいと思いますよ。

注文住宅を建てるなら、住宅会社も探さなくてはいけません。

信頼の置けるところでの家作りができればいいけれど、ブランドで建てたらイイ家になるのかどうかはわかりません。

それはリフォーム会社も同じですが。

いい会社を見つけること、リフォームも新築もどちらも、いい会社にめぐり合えるかどうかでできばえが違ってきます。

気合を入れて探してくださいね。

どうやって探すのがいいかというと、やっぱり口コミが一番だろうと思います。

大きな会社はそれなりに社名もよく聞きます。

たくさん手がけてもいます。

でも、本当にいい家作りやリフォームをするとは限らないので実際に使った人の声ってどんなものを買う時でも大切です。

そしてその声が一番よく効きます。

それに、リフォームでも新築でも、しようと思ったらアンテナが高くなるものです。

周りの人の声がよく聞こえると思います。

自分でリサーチすることも重要です。

キッチンのリフォーム

奥様が一番きれいにリフォームしたいキッチンですが、今はどんなものを使っていますか?

最近はオール引き出しタイプや足元までモノが入るタイプ、ペットボトルが立てて収納できる引き出しに、包丁ストッカーがついたものもあります。

実際は展示場を見に行くのが一番早いのではないかと思いますが、展示場で豪華な品物を見てしまうと、後々ランクダウンができなくなって高くていいものを購入してしまうかもしれないから気をつけてくださいね。

もしも、知り合いにリフォーム屋さんがいたら、見積をしてもらいましょう。

知り合いにいなかったらタウンページやインターネットで探しましょう。

電話の対応がよかったところをピックアップして見積を取ります。

なぜ電話の対応かというと、顔の見えない相手に対して、気持ちのいい声で接客できる会社とそうでない会社では実際に工事を始めてからも差が出てくるからです。

あくまでも仮定の話ですが。

電話の対応がよければ気分がいいものです。

たくさんあるリフォーム会社の中から、いい会社(頼みたくなる会社)を選ぶひとつの目安になりはしないですか?

新聞折込によくあるリフォームのチラシ。

あの中には税込み**万円!とかかれてあります。

結構安い金額で、定価と比べると半額以下のものもあります。

でも、そこに取付工事費が別途かかります。

チラシには小さな字で「取付工事費別途」とかかれてある場合がほとんどです。

取付工事費、ちゃんと確認しましょう。

トイレのリフォーム

水周りのリフォームは一番需要の多いところです。

特にトイレは汚れるし、20年前のトイレをそのまま使っているよりも、節水型のタンクレストイレという収まりもいいカッコいい便器があります。

しかも、タンクレスというからにはタンクがない。

手洗い機がつかないので、別に取り付ける必要があります。

それとタンクレスにするにはある程度の水圧が必要なので、小高い丘に建つ住宅などでは水圧が足りない場合もあります。

事前に確認しましょう。

20年から30年前のトイレだと、タイル張りのところもありますね。

タイルをクッションフロアという、ビニール素材の床材を使うとタイルよりも暖かくなります。

そのほかにも、防水タイプのフローリング材もあります。

和式を洋式に変えることももちろんできます。

高齢者のいる家庭では、洋式トイレに手すりをつけるのがいいでしょう。

トイレに行くことがぐんと楽になります。

そこに加えてシャワートイレをつけると、いつも清潔にしておけるようにもなります。

でも、高齢者の中には突然お湯の出るシャワートイレに変えると嫌がる方もいるかもしれません。

その辺は臨機応変、取付だけはしておいてゆっくりなれてもらうといいのかもしれません。

特に高齢者が上手にシャワートイレを使いこなすことができたら洗いにくいところも清潔にできるのでいいですね。

今、便器ごと取り替えるとシャワートイレもシャワーのない暖房便座も一体型になっているものがあります。

すっきりきれいなトイレになると、くつろぎの空間が増えますよ!